「信用が大事」という言葉はよく聞かれると思います。もちろん、いつでもどこでも、それは大事です。学校に通っているときも、家族と過ごしているときも。
誰を相手にしている場合でも、「信用できる人間である」ということを確かなものにしておくことが、確実な道を歩む基本である、と言えるでしょう。

その中で、『会社信用情報』と特に呼ばれるものがあります。会社信用情報――その言葉が語っているとおり、「会社の信用」に関する情報です。
人、ひとりひとりが自分の信用情報を確かなものにしておかなければならない、というのは人生の基本ですが、会社が、『会社信用情報』を確かなものにしておかなければならない、というのは、会社という経済活動をもって世の中に立つ組織の基本です。
簡単な言い方をすれば、信用のない会社というのは健全な経済活動というものが出来ないのです。それは利益を上げることに繋がらず、会社というものの存在理由を揺るがします。

たとえば、いろいろな手続きをとるとき、制度を利用するとき、『会社信用情報』は重要な要素となります。
ここで取り上げる『手形割引』というのもそのひとつ。手形割引というのは、呼んで字のごとく、「手形」に関する或る制度であり、手形割引を上手く利用することによって、会社の経営というものは大いに助けられることになります。

「信用が大事」。お題目のように言われる言葉ですが、これがどれだけ重要な言葉なのか……。その好例とも言える『手形割引』について見ながら、学んでいきましょう。

外部サイトへ

カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930